読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JUMPで妄想♡

勝手に妄想しちゃっていいですか?

JUMPで妄想…22話♡高木雄也

☆☆〜〜 愛の確認〜〜☆☆ 涼介が出て行った朝 私はもう雄也の車の助手席に居た そんな自分にまた嫌気がさした 涼介の本心は分からないまま でも私は自分の気持ちを確信した もう、雄也から離れないと… そして、コテージに着いた ここは、私達がはじめて結ばれ…

JUMPで妄想…20話♡山田高木ピンク

☆〜〜愛の在処〜〜☆ 土曜日 ・・・その日も涼介の帰りはやはり深夜だった シャワーのあと、またリビングでひそひそと 話す声が聞こえた 時々、笑い声も聞こえる 私はその会話が終わったのを確認して リビングのドアを開いた 「おつかれ様、涼介」 「あ、悪い…

JUMPで妄想…19話♡高木雄也 復活

☆〜〜ありのままのふたり〜〜☆ 慧にあっけなく、別れを告げられて 私はその場に立ち尽くしたまま動けなかった 特に悲しくもなく、淋しくもなかった その状況を素直に受け入れたとも言うべきか それよりもなによりも、涼介と雄也への 陳謝の気持ちと情けない…

JUMPで妄想…伊野尾慧♡15話(ピンクあり)苦手な人はスルーして

☆☆〜〜ひとつになれた夜〜〜☆☆ 葉山の別荘に招待されて 2人で楽しくお酒を飲んでほろ酔い気分になった夜 2階の窓から星をながめる私を 慧くんが後ろから抱きしめてきた 「今日は僕の好きなようにしていい?」 と後ろから覗き込むように問いかけられ 何の躊…

JUMPで妄想…伊野尾慧♡14話

☆☆〜〜一線を超えた日〜〜☆☆ 翌朝、目を覚ますと キッチンで涼介が朝食をつくっていた 「おっはよ、スムージー飲む?」 私にはもったいないくらいマメで前向きな人… そんな涼介が今日は一段と眩しい… 「あ、そうだ、今週の金曜、出張だから」と涼介 「えっ、…

JUMPで妄想…伊野尾慧♡13話

☆☆〜〜2度目のあやまち?〜〜☆☆ ”伊野尾慧”という小悪魔なフェアリーに口説かれて、拒めなかった弱いわたし… かつて雄也のことを裏切り 涼介と逃避行してきた私は 今度は涼介を裏切ろうとしている 目の前には、慧くんの唇… 涼介の居ない留守に、私たちは一…

JUMPで妄想…伊野尾慧♡12話

☆〜〜ハマるほどテイスティ〜〜☆ 「おはよう!」 涼介のこえで目が覚めた りょうすけ… 「ん?どうしたの?なんか、浮かない顔じゃね?」 「えっ、あ〜と、昨日少し飲みすぎたかな。少しムカムカするんだよね」 「めずらしいね、千香強いのに…待ってて、二日…

JUMPで妄想…伊野尾登場♡11

(JUMPで妄想…⑩からの〜続編なので、①〜⑩も是非読んでみてね) 〜〜禁断の果実〜〜 涼介と暮らし始めて、1年が過ぎた。 昔の仲間とは、ボチボチ寄りが戻って 最近は我が家に圭人くんと慧くんがよく遊びにくる その度に料理を振舞って もてなす涼介… 今日も…

JUMPで妄想♡君との時間〜有岡大貴

Fromのような恋〜〜有岡大貴編 夏のライブツアー、とりあえずひと段落ついた 今日は久しぶりに、アヤに会える なんか、緊張するな ライブの3ヶ月前から、僕たちは逢うのをやめていた アヤがそう言いだしたんだ ツアーを成功させてほしいからって みんなの有…

JUMPで妄想☆お疲れ様のらぶコール♡雄也

夜9時 彼にLINEを送る 「LIVEおつかれさまよこはま、盛り上がった?6時前のtwitter、JUMPコールでトレンド入りしてたよ。かっこいい、雄也見たかったな‼️今日はゆっくりやすんでね」 ライブのあとは、バタバタしててたぶん返事は夜中か、明日だろうなって諦…

JUMPで妄想③私を海に連れてって

今夜、久々のドライブで 雄也と一緒に海を見に来れた それだけでも充分幸せなのに 今夜は朝までいれるって 大丈夫なのかしら 雄也が予約してくれてあった、海の近くのコテージについた フロントで記名… ドキッ! 「や、ま、だ…だ、い、き」 山田大貴…⁇ 私の…

JUMPで妄想②〜私を海につれてって

約束の日曜日がきた… たった3日なのに、とっても長かった〜 昨日の夜、雄也からのLINE♡ 「予定通り、明日の夜迎えにいくよ! ドライブ、どこ行きたいか考えといてよ♬」 雄也と逢えるの、何カ月ぶりだろう たとえ短時間でも充実した時間を過ごしたいな 「行き…

JUMPで妄想①〜海に連れてって♡ゆうや

夜の8時 雄也へLINEをおくった 「いよいよツアー始まるねまだ、チケットとれてないよ…>_<…今年はライブの雄也みれないよぉ今度いつ逢えるかな さみしいな…」 返事は案の定すぐには来なかった 夜中の1時半ころ ポキポキって鳴った ちょうど、待ちくたびれて寝…

JUMPで妄想…高木山田♡⑩最終章

☆〜〜やっぱりいいオトコ〜〜☆ 涼介と一緒に住み始めて数ヶ月経った頃、近くの海でサーフィン大会があり、散歩がてらに2人で見学にいった。 そこで雄也とまさかの再会… 「リョウスケ、雄也が…」 そうだった…雄也はサーフィンやるんだった海が大好きだった 溢…

JUMPで妄想…高木山田♡⑨ちょっぴりオトナ

☆〜〜もう後戻りはできない〜〜☆ 涼介との待ち合わせ時間は午後7時 134号線沿いのカフェ 6時半…心臓がドキドキしてとまらない… 7時10分前にリョウスケがやってきた もう、後戻りできない… 「いこう・・・」 リョウスケが私の手をとった いつものふざけた涼介…

JUMPで妄想…高木雄也♡⑧涼介が…

☆〜〜テレパシー…再会〜〜☆ わたしの頭の隅っこに住みついたオトコ 忘れようとすればするほど 想いが募ってしまう… 日曜の朝、はやく目覚めてしまった私は 雄也をベッドに残して、公園まで散歩にきた ベンチに座ってあの日のことをぼんやり思い出していた そ…

JUMPで妄想…高木雄也♡⑦ちょっぴりピンク

☆〜〜愛を確かめて〜〜☆ マキちゃんとのキスを見てしまった私は 走って逃げてしまったけど、そんな私を追いかけてきた涼介に唇を奪われた。 一晩帰らなかった雄也からの電話が鳴った。 「千香、怒ってるよね」 「怒ってるよ…無断外泊!」 「そっち?」「りょ…

JUMPで妄想…高木雄也♡⑥ちょっぴりオトナ

☆〜〜落ちた稲妻〜〜☆ ライブが終わり、私と雄也は先に店を出た その後ろ姿をリョウスケがどことなく寂しい笑顔で見送った。 数日後、マキちゃんから報告があった。 「あれから、涼介君、なかなか連絡先を教えてくれなくて大変だったんですよーけど、最後に…

JUMPで妄想…高木雄也⑤ちょっぴりピンク

☆ 〜〜胸さわぎ〜〜☆ 雄也が作ってくれた夕食の前に、愛しあった私達は、気だるさの少し残ったままダイニングに戻った。 「雄也のカレー、美味しい♡いつのまにこんなに上手になったの?」 「へへ、秘密いっちゃうのとね、俺のダチにすげえ料理上手なヤツがい…

JUMPで妄想…高木雄也♡④ちょっぴりピンク

☆〜〜愛が止まらない〜〜☆ あれから、3ヶ月… 私たちは一緒に住むようになっていた。 雄也の、仕事は不定期 ラジオのDJとショップの掛け持ち でも、夜は大抵夕飯を一緒に食べている たまに、雄也が、作ってくれたり。 あんまり、得意じゃないのに頑張ってくれ…

JUMPで妄想…高木雄也♡③ちょっぴりオトナ向き

☆〜〜ムーンライトの下で〜〜☆ あの日から、なんとなく一週間たってしまった 彼の事、なるべく考えないように過ごしていた 土曜日… いつかの親友宅に向かう車の中 何気なくかけた地元のFM。 聞き覚えのある声… 「今日もお送りします、雄也のアフタヌーンタイ…

JUMPで妄想…高木雄也♡②ちょっぴりオトナ向き

☆〜〜アプローチ〜〜☆ あれから一週間後の土曜日… とりあえず、お店の駐車場に車をとめて深呼吸…バックミラーで、顔をチェックして、と。あーでも、勇気が出ないよ〜どうする?でも、せっかくここまできたんだから帰る訳にはいかないよねあ〜どうしよう 下を…

JUMPで妄想…高木雄也♡① ちょっぴりオトナ向き

☆〜〜運命の出会い〜〜☆ 私のよこで、ぐっすりと眠る愛しい男… 名前は雄也 26歳ちょうどよく日焼けしたその肌に、ブロンズ色の柔らかな髪しなやかな首すじに優しくキスをするん?と片目を開けて わたしをドキッとさせる私の背中に手を回し、ぐっと引き寄せる…